ニュース

News

株式会社リビングギャラリー様の業務効率化とオンライン完結型賃貸契約の可能性。バーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」でDX化した同社事例を公開。

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)が提供するバーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」が、株式会社リビングギャラリー(代表取締役社長:舟﨑 義朗)の、新潟県内営業店舗で採用されました。本サービスの導入により、物件のオンライン内覧が可能になり、物件に足を運ばずに臨場感ある内覧ができることで、業務効率と成約率アップを図れたというリビングギャラリー様の事例を公開します。2022年5月からの宅建業法改正による電子契約全面解禁に伴い、オンラインでの賃貸契約も進む中、オンライン化が進みづらい内覧をバーチャルツアーにすることで、お部屋探しから引き渡しまでをオンラインで完結させることも可能となります。リコーはバーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」の導入による不動産業界のDX化に貢献します。

 

■リビングギャラリー様の導入事例

詳しいインタビュー内容はこちら

導入事例URL:/cases/2766/

 

導入の概要や導入後の効果など、リビングギャラリー様の事例を一部抜粋してご紹介いたします。

【導入の背景】

弊社では、元々ホームページを改修していきたいという構想があり、それに伴いバーチャルツアーをホームページ上で公開しようという話が上がりました。また、新潟県内に自社サイトでバーチャルツアーを導入しているサービスが少なかったため、先駆けでやっていきたいという思いがあったことも導入のきっかけです。

 

また、コロナ禍以前と比較して、店舗に来店されずに物件を契約するお客様が非常に増えてきたことも大きな理由の一つです。実際に緊急事態宣言発令後からは、約200件を超えるお客様が来店なしで物件のお申し込みをされています。内覧をされないお客様にとって、実際にその物件に訪れたかのように室内を見渡すことができる360°バーチャルツアーは非常に有益な情報になると感じ、サービス導入に踏み切りました。

 

【THETA 360.biz導入後の効果】

バーチャルツアーをご覧のお客様からは「ここまでお部屋の雰囲気を見られるのなら実際に見に行かなくてもいい」というお声を頂き、実際に物件を訪れる内覧希望件数が減りました。現場での内覧件数が減ることで、新規のお客様への対応も可能となるため、生産性向上に繋がっています。

また、退去前の物件を紹介したい場合、退去するまで待つことなくバーチャルツアーでご紹介できますので、紹介可能な物件数も確保することも出来ています。

バーチャルツアーで臨場感のあるお部屋の雰囲気を体験できることで、現場を内覧しないでの成約に繋がっており、成約率も20%改善しました。

 

【今後の展望について リビングギャラリー 新潟賃貸営業本部の中川様コメント】

法改正により、2022年5月頃から契約業務のデジタル化が本格的になってくると言われており、今後、賃貸契約においても来店不要で部屋の契約ができる仕組み作りが必須になってくると考えています。内覧をバーチャルツアーにしてお客様に臨場感あるオンラインでの内覧を体験していただくことで、接客はオンライン、お申し込みは今使っている Web 申し込みを使って契約まで完結させる体制を整えつつあります。鍵の引き渡し方法は郵送や宅配ボックスなどを活用し、引き渡しを行うところまで一元化できれば来店が一切不要になります。

 

1度も来店することなく、気軽に賃貸借の契約が締結できるようなパッケージのサービスを、次の繁忙期前を目処に何とか仕上げていきたいと考えています。

  

※記載の会社名、製品名、サービス名は、各社の商号、商標または登録商標です。