株式会社MUSUBU様

内見前に「距離感がわかる」「全体が見渡せる」
THETA 360.bizは、空間を販売する弊社の販売促進力

株式会社MUSUBU様は、中古マンションをリノベーションして販売する不動産事業を手がけています。WEBサイトに販売物件の360°写真を載せ、お客様の知りたい情報をダイレクトに提供することで、物件の販売促進を図られています。今回は、株式会社MUSUBU様のTHETA360.bizの活用方法を伺いました。

1

はじめに

貴社ではどのようなコンテンツをTHETA 360.bizを使って紹介されているのでしょうか?

 

株式会社MUSUBU 池宮様(左),鶴見様(右)

 

弊社は、中古マンションをリノベーションして販売する不動産事業を手がけています。私どもの販売物件を最初にご覧になるのは、ほとんどが不動産仲介業者様です。

 

RICOH THETA(以下、THETA)で360°の物件の内覧画像を撮影し、弊社の公式WEBサイトの物件ページに掲載しています。内見前に詳細な部分まで物件情報を360°画像でダイレクトで見ていただけるので「写真よりイメージがつきやすい」と長いお付き合いのある仲介業者様からは良い反応もいただいています。

 

THETA 360.bizを導入しようと思われたきっかけをお伺いできますでしょうか。

 

すでに弊社の創業時からTHETAはありましたので「THETAをどう使って販売促進するのか」というところから入りました。

 

ここ最近、私ども同様のビジネスモデルも増え、その差別化を図る意味でも、WEB上で360°画像を公開できるのは有効だと考えました。今後、弊社WEBサイトで取り扱い物件を紹介する360°画像をこれまで以上に増やしていく予定です。

2

THETA 360.bizにはメリットばかり!
THETAでの360°画像は短時間で良質の写真が撮れる

実際にTHETA 360.bizを利用されて効果はありましたか?

 

鶴見様

 

THETA 360.bizの利用は、物件購入の後押しになっていると感じています。内見前にWEB上でご覧いただいてから実際に来ていただいて、さらに戻った後も360°画像で詳細部分を確認できるというのは、お客様への情報の提供という点で、丁寧なサービスとなっている。

 

載せている写真のなかでもTHETAで撮った360°画像は「距離感が伝わりやすい」「部屋全体が見渡せるのがいい」などの声も頂戴しています。おそらく平面的な写真よりも、360°画像のほうが家具の配置などのイメージもつきやすいのでしょう。

 

またTHETA 360.bizの利用で、弊社の業務効率化推進もすすんでいます。2台のTHETAをつかって、各物件の担当者が物件内見の撮影をそれぞれ担当していますが、THETAはカメラ自体の操作も簡単ですし、ワンショット。画角や構図を考えなくてもいいのが360°全天球画面のいいところで、撮影に時間がかかりません。撮影技術にも左右されることはありませんから、誰が撮ってもある程度の写真は撮ることができます。
通常の撮影に比べ、撮影時間も30%削減することができました。

 

THETA撮影時に気をつけてもらっていることといえば、色、明るさの程度。空間として広く見える場所では、ドアを開けてもらい、部屋全体を見せたいときはドアを閉める。スタンドを使っての撮影は必ずお願いしています。

 

一眼レフやコンパクトデジタルカメラでの撮影は、技術次第で、物件の写りにもかなり違いが出てしまいます。場合によってはプロのカメラマンを調達しなくてはならないこともあります。

 

ただ物件の写りが良すぎても困りもので、実際の物件とかけ離れてしまうこともないようにしなくてはなりません。THETAであればその辺りも心配ありませんので、撮り直しの時間ロスがでないのがいいですね。

 

メリットはあっても、デメリットは全く感じていません。

3

「空間」をリアルに伝えられるTHETA 360.bizで仕事の可能性が広がっていく

今後はTHETA 360.bizを使ってどういった展開をお考えでしょうか?

 


池宮様
THETA 360.bizを利用してWEBサイトで360°画像の掲載を続けていく理由は、ページを訪れた人に弊社のリノベーション実績を見ていただくためです。弊社の内装イメージは、手がけてきたどの物件も、ほぼほぼ大きく違いはありませんので、知っていただきさえすれば、場所や条件によっては、竣工前に売却できる可能性もでてきます。

 

現段階では、販売促進のための営業ツールとしてのみのTHETA 360.bizを使った360°画像の活用でしたが、今後は価格に影響する物件からの「眺望」も360°で公開していきたいと考えています。

 

THETA 360.bizの「アノテーション」も使ってみたいですね。実際にその映像の中を歩けるような感覚を持てるサイトを見かけたことがあります。画像をクリックしてコンコンとドアを叩いてなかにはいってみると、実際そこにいるような臨場感は、サイトを見てくれる人の印象に残りますから。

 

弊社では、物件販売は「空間」を買っていただくことだと考えています。その「空間」をリアルに伝えられるのがTHETAの写真です。

—これからTHETA 360.bizを利用しようか検討されている方にメッセージをお願いいたします。
誰でも扱いやすいのがTHETA 360.bizです。使い方を覚えるのも楽です。360°画像を使用することで、仕事の幅は大きく広がっていく実感があります。

 

販売促進という側面での活用しか見えていなかった弊社も、業務効率アップのための使用用途もすでに見えてきています。例えば、仕入れた物件をリノベーションして売れるまでの期間は、だいたい半年。この間にもだいたいの場合、物件まで相当な回数出向かなければなりません。この辺りも「THETAを使ってできることはTHETAに」と会社でルールを作れば、単純にその回数も減ってくると考えています。

 

本日は貴重なお話をありがとうございました。

株式会社MUSUBU様

業種:不動産業
主な業務内容:中古マンションのリフォーム・販売

最新記事